オープンイノベーション情報を発信するメディア


こんにちは。エイコンfounderの中村です。みずほ証券、あずさ監査法人が共催するInnovation Field 2016に参加して参りました!

●Innovation Field 2016とは?

2016年12月7日(水)に東京駅すぐのJPタワーにてで実施された「 Innovation Field 2016 夢を現実に~成長への羅針盤 」

オープンイノベーション推進による産業支援のために要素技術、事業構想、政策支援はどうあるべきか。 産業競争力強化のためには、ベンチャー企業、大手企業、ベンチャーキャピタル、アクセラレーター相互のコミュニケーションが不可欠である…という思想のもと開催された本フォーラム。先端技術を有するベンチャー企業と大手企業がビジネスマッチング・情報交換の場として集まりました。

eiicon labでは2回に渡って今回のフォーラムをレポートします。前編では、『イノベーションによる成長戦略』と題された KeyNote1についてお送りします。

■顧客の新しい価値を創造することがイノベーションである。

KeyNote1はコマツ取締役会長 野路國夫氏によるコマツのイノベーション戦略について。コマツは従来の強みを活かした商品開発(エンジン・油圧精機・キャブ)を自社で行い、そこに最先端技術の取り込みと活用(センサ・レーダー)を実現させる、と言った具合に、自社のコア技術と外部技術の掛け合わせを行うオープンイノベーションをすでに実践してきている企業です。

「社会的課題を解決できるコト」がすなわち“イノベーション」であり、自社の私腹を肥やす新ビジネスはイノベーションではなく、持続性はない。——このように強く語る野路氏の姿が印象的でした。

 

■ダントツ戦略

「建機需要推移は2004年頃までは、日米欧が80〜90%、2004年以降は新興国が60%を占める状況である。」と、まずは世界の景況から講演がスタート。「ゆえに、5年〜10年後を見据えると、新興国に向いている事業を推進した」と『ダントツ戦略』のお話を伺いました。

(※コマツの成長戦略:社長が語るイノベーションによる成長戦略
http://www.komatsu.co.jp/CompanyInfo/ir/annual/html/2015/strategies/message/

resize_%e2%98%850026▲コマツ 取締役会長 野路 國夫氏

 

フェーズ1『ダントツ商品』
「まずはとにかく、自社のコア技術を磨く(キーコンポーネント技術・生産技術)こと。」

「自社の核となるコア技術は、自社で磨くことが大切である。コマツの場合、機械本体の商品力の向上が叶ったところで、フェーズ2が初めて見えてきた。」

コマツで言うと、自社の『ダントツ商品』は他社が追いつけない特徴を有するハイブリットコンポーネントを製作することでした。

 

フェーズ2『ダントツサービス』
「バリューチェーンで事業を拡大していくのがダントツサービスの真髄。」

コアが他社と比較して差別化できるほどの十分な『ダントツ商品』となると、次のフェーズへ進めます。それが、バリューチェーンで稼ごうというサービスを展開することだそうです。

コマツにおけるこのダントツサービスの事例は、「建設機械にGPSを一つずつつけ、盗難防止として開始した」こと。新興国での一番の課題はお金の回収(与信管理ができない)だということが手伝って、このGPSが予測していた以上に有効に活用され始めたと、野路氏は話します。

さらに、一つこのような仕掛けを取り付けるだけでビジネスチャンスが大幅に拡大したのを実感したと言います。2016年9月末時点で、全世界でのレンタルの稼働が43万台になりました。

 

※明日はダントツ戦略の3つ目、ダントツソリューションに関してのお話など、「Innovation Field 2016イノベーション先進企業・コマツの事例について」(後編)をレポートします。

■執筆者/eiicon founder 中村 亜由子


提携先パートナーが見つかるプラットフォーム「エイコン(eiicon)」法人登録開始!

img_2-1

https://eiicon.net/about/service.html

https://eiicon.net/register